映画「それでもボクはやってない」の動画配信/無料フル視聴(主演:加瀬亮)

スポンサーリンク
邦画
スポンサーリンク

作品レビュー

> U-NEXTの31日間無料体験で「それでもボクはやってない」を観る

痴漢冤罪事件の逮捕から判決までを描いた本作。警察、検察官、弁護士、裁判所、被告人、被告人を取り巻く面々、被害者。これらがあまりにもリアルで、観ていて終始イライラするし、恐ろしいし、理不尽すぎるし、なんとも言えない時間が流れる救いのない映画です。でも、これが現実なんだということも分かります。観ておいて良かった。

痴漢は現行犯で捕まえない限り、やった証拠もやってない証拠もありません。状況証拠や被害者、被告人の証言だけで有罪か無罪かを決めてしまう必要があります。そこには裁判官の国(警察や検察)への忖度もある。よほどの自信、確証が得られなければ無罪には出来ない。推定有罪のシステム。このシステムが限りなく恐怖です。これ以外に決め方があるのかと言われると、ないのでしょうけど。

冒頭、逮捕直後の被疑者に当番弁護士は「おカネを払って終わらせた方が楽だ」、「裁判は大変だし無罪になる確率は低い」と示談を勧めます。やってもいない痴漢行為を認めるはずもありませんが、実際に約1年をかけて12回も行われる公判のシーンを見ていると、自分ならこの状況に耐えきれるだろうかと不安になります。「運が悪かった」と諦めて、やってもいない罪を認める人もいるのではないかとも思います。いや、実際にいるでしょう。

映画としてはキャスティングがばっちりハマっていて最高です。逮捕される加瀬亮の“普通感”。弁護士役・役所広司、瀬戸朝香の“心強い感”。雑な取り調べで処理する刑事役・大森南朋の“無性に腹が立つ感”。途中交代で登場する裁判官役・小日向文世の“妙にリアルでイライラさせる感”。

満員電車に乗る時は、なんらかの自衛策を練って乗車しなければ、いつ自分が同じ目に遭うか本当に分かりません。万一にも痴漢と間違えられた時に、果たして自分はどうするだろう。そんなことを真剣に考えてしまいます。そして、現在の司法の在り方にも関心が湧く映画です。

> U-NEXTの31日間無料体験で「それでもボクはやってない」を観る

> U-NEXTの31日間無料体験で「それでもボクはやってない」を観る

スポンサーリンク

配信状況

映画「それでもボクはやってない」はU-NEXTで配信中です。U-NEXTの会員でない場合は31日間無料体験を利用すれば、実質無料でご覧いただけます。無料期間内に解約すれば一切の請求はありません。この機会にU-NEXTを体験してみませんか?

U-NEXT
月額1,990円(税抜)

最新ラインナップが充実の日本最大級動画配信サービス
動画見放題9万本以上!読み放題の雑誌70誌以上!
毎月1,200ポイントのチャージで最新作もレンタル視聴OK!


本ページに記載の情報は2019年9月17日現在のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性もございますので、最新の配信状況につきましては該当の動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。TOPページ検索ボックス内に作品名を入力しご確認頂けます。U-NEXT公式
※2020年9月9日 23:59まで配信予定です。
スポンサーリンク

作品紹介

  • 監督:周防正行
  • 公開:2007年(日本)
  • 上映時間:143分

ストーリー

就職活動中のフリーター・金子徹平はある日、満員電車の中で痴漢に間違えられて逮捕されてしまう。身に覚えのない徹平は無罪を主張したものの、警察は耳を貸さず、そのまま起訴へ。その後、母親や友人たちの協力を得た徹平は、弁護士と共に裁判へ挑むが…。

https://video.unext.jp/title/SID0013164より引用

主要キャスト

  • 金子徹平(加瀬亮) – 主人公。
  • 荒川正義(役所広司) – 徹平の主任弁護人で元裁判官。
  • 須藤莉子(瀬戸朝香) – 徹平の弁護人。当初は痴漢事件の弁護を嫌がっていた。
  • 金子豊子(もたいまさこ) – 徹平の母。
  • 斉藤達雄(山本耕史) – 徹平の親友。
  • 青木富夫(竹中直人) – 徹平の住むアパートの大家。
  • 室山省吾(小日向文世) – 大森に代わって徹平の裁判を担当した裁判長。
  • 土井陽子(鈴木蘭々) – 徹平の元彼女。
  • 小倉繁(野間口徹) – 徹平の大学時代の先輩。
  • 佐田満(光石研) – 別の痴漢冤罪事件の被告人。
  • 佐田清子(清水美砂) – 佐田の妻。
  • 広安敏夫(大和田伸也) – 佐田の控訴審を担当した東京高裁裁判長。
  • 田村精一郎(益岡徹) – 徹平の母から相談された弁護士。
  • 浜田明(田中哲司) – 徹平が呼んだ当番弁護士。アティカス法律事務所所属。
  • 市村美津子(唯野未歩子) – 徹平の無実を知る目撃者。
  • 月田一郎(田口浩正) – 徹平が現行犯逮捕された際の目撃者。
  • 西村青児(徳井優) – 警視庁岸川警察署の留置場担当の警察官。
  • 山田好二(大森南朋) – 岸川署警部補(刑事)。徹平の取り調べを担当。
  • 和田精二(田山涼成) – 山田の上司。
  • 三井秀男(本田博太郎) – 留置場での同房者。
  • 新崎孝三(尾美としのり) – 徹平の公判立会検事。

> U-NEXTの31日間無料体験で「それでもボクはやってない」を観る

タイトルとURLをコピーしました